家具を真剣に選ぶことは、家族が集まる理由になると思います。

本日は、以前納品させていただきましたT様邸をご紹介します。

b1 b2 b6

こだわりのある注文住宅を建てられたT様。

白を基調としたキッチンからは、リビング・ダイニングがすべて見渡せます。

これなら料理する奥様が、孤立することもありません。

またお友達が遊びに来ても、みんなでワイワイ料理を作ったりできます。

この開放感のあるスペースこそが、T様のお人柄がうかがえる場所になっています。

床材にブラックチェリー材を使っているために、当初は床と同じ材料で家具を揃えたい、

というご希望でしたが、コネクトの耳付きウォールナットテーブルを気に入っていただき、

家具はすべてウォールナット材で統一して頂きました。

無機質になりがちなキッチンを耳付きのテーブルを置くことにより温かみのあるダイニングに。

「みなさんこのテーブルに近づいて、見てくださって褒めていただく。」と笑顔でお話しされるT様。

このテーブルがあるだけで人が、家族が集まる理由になることを実感します。

b3 b4 b5

リビングは、お子さんがまだ小さい為、リビングテーブルは、置かず広いスペースを確保し、

床に近い生活=お子さんの目線に近い生活を選んでいただき、ウォールナット材の木枠のソファを選んでいただきました。

そして撮影後になんとご主人様手作りの杏仁豆腐をいただきました。T様のおもてなしの心、しつらえ。感動しました。


以前に納品させて頂いた、U様邸のご紹介です。

b1 b2 

天板:2300×850のヘリンボーンのウォールナット天板です。カッコいいですねーー。
脚を4本の角脚にされたことで、天板が一層際立ち壁面との絵的なバランスもとてもいい。

キッチンからスーッと伸びてる天板は、お料理にも力が入りそうですね。
選ばれたチェアは、食事するのはもちろん、お酒をゆっくり飲んだり、読書・パソコンでお仕事など、
何をするにしても、ゆったりと寛げるおイスで人気です。ここで集まる家族との時間も、ちょっと増えそうですね、U様。

b3 b4

ちょっと移動して、こちらはリビング。ゆったりとした空間に、ゆったりとカウチのソファをチョイス。

お兄ちゃんの後姿に、ついつい目がいちゃいそうですが、ソファ後ろの、別注のリビングボード。
テーブルに引き続き、CONNECTオリジナルです。約250センチでちょうどソファの長さに合わせました。
ここでも、家族が一緒にいられます。内装のデザインや間取りは、あちこちにU様の拘りが見え隠れしています。
私なら、人を呼んでちょっと自慢しちゃうかも。ていうか、自慢したいしたい!!
少しでも家族が集まれる空間をと、家族との時間を大切にしたいというU様の想い伝わるカタチとなりました。
ほんと、ステキなことですね。この度はご協力ありがとうございました。


4月は何かと慌ただしい毎日をお過ごしの方も多いと思います。

以前納品させていただきましたN様も新築を建てられて、3月はお引越しなど慌ただしい日々だったと思われます。

でもそんなときこそ、テーブル選びは慎重に・真剣にしたいものです。

本日はそんなN様のテーブル選びをご紹介します。

b1 b2 b3 b4

実はN様、お住まいはコネクトと25キロほど離れた都市にお住まいなのですが、3月の納品に向けて、何度もご来店していただきました。

その理由はただ、ひとつ。「これから家族が一緒に過ごすテーブルにこだわりたいから。」

毎回お話しさせていただくたびに、自分がはじめに「良い」と感じられた直観が、自信に変わっていかれました。

 

テーブルは家族で食事もすれば、お父さんが新聞を読んだり、お子さんが勉強をしたり、

お母さんがパソコンしたり、子供が寝た後で、夫婦でゆったりお酒を飲んだり・・・

N様にとって、こんな時間をゆったり過ごせるテーブルが決まりました。

そして過ごす時間を考えて、椅子が決まり、張地は、N様らしく4色違う色を選ばれました。

やっぱりこだわりのあるテーブルに見えますね。

同じ素材、ウォールナット材で選んでいただいたテレビボードも、

こだわりある、ラスティック材を使い、白汰とのコントラストが大変味わい深いものになっています。


 

 

tochi2mai1 tochi2mai2 tochi2mai3

栃(トチ)無垢の二枚接ぎ板 1810mm×1060×厚さ40mm  

脚は座卓にもなる兼用脚。ダイニングチェアはオリジナルチェアです。

一緒にオリジナル杉材フレームのgifuTOと、別注で杉材のTVボードも一緒に納品させていただきました。

tochi2mai4 tochi2mai5 tochi2mai6


 

 

wn-mo2 wn-mo3 wn-mo4 wn-mo5

wn-mo6 wn-mo7 wn-mo8 wn-mo9

2350mm×1200mm×厚さ80mm ウォールナット無垢の一枚板 

この厚みに節になんともかっこいい、大迫力のウォールナット一枚板です。

ダイニングテーブルは、ウォールナット材無垢の耳付オーダーテーブルです。

脚は、兼用脚といって座卓脚として使用できる1台2役の脚です。別注で脚も、ウォールナット無垢材で作りました。


 

 

nire1 nire2 nire3 nire4

nire5 nire6 nire8

 

ニレ材無垢の一枚板2250mm×850mm×厚み50mmです。脚は、スチール脚、天板オイル仕上げで納めました。

ニレ材の変わった形の一枚板を探していたS様。イームズチェアを購入した安城市のSOUPさんの紹介でご来店されました。

カーブしたニレ材無垢の一枚板を気に入っていただきました。


トヨタホームモデルハウス(日進ハウジングセンター)の建替え工事にて、テーブル、家具前板等納品しました。

スタイリッシュですが、素材感を大切にしたコーディネートです。

テーブルは、幅2800×奥行900×厚み33のウォールナット耳付き集成天板。質感のあるアイアン脚を採用していただきました。

こちらの展示場では、家具の前板、玄関の上りカマチにもCONNECTの耳付きウォールナットを使っていただきました。

グランドオープンは、4月18日です。ぜひご来場ください。

jirei1 jirei2 jirei3 jirei4

jiei5 jirei6 jirei7

jirei8 jirei9 jirei10


以前、名古屋市のS様宅にテーブルの納品に行ってきました。
ご家族は4人で、ダイニングテーブルを買い換えたいというご希望で初めみえられました。
お話をおききすると、テーブル選びで一番の課題が「奥行き」の大きさでした。
置かれる場所の側に掃き出しの窓があったりして、どうしても奥行きが広くとれない。
でもテーブルを探していると、幅150センチ×奥行き90センチや
幅180センチ×奥行き90センチなどが多くて、合わない。どうしょう?
そこで1つご質問しました。「奥行き90センチいりますか?」
その質問を皮切りにご家族の生活習慣や用途などをお聞きして、このテーブルが生まれました。
bu1  bu2 
幅180センチ×奥行き75センチ×高さ68センチハードメープルの天然木を使用したテーブルです。
実際にご自宅で採寸させていただいた時に、チェアの後ろがカウンターになっていて、

その下を収納スペースとして、快適に使えるためにもテーブルの奥行きを75センチしました。
もちろん75センチでも対面でご飯をたべれます。
奥行きを短くしたので、その代わりテーブルを
ワーキングとして使うときに充分なスペースがとれるように幅180センチにしました。
これならご主人が新聞を広げても、となりでお子さんは勉強ができます。
bu3  bu4
そしてもうひとつ、このテーブル、実は片方の脚に収納スペースが付いています。
最近奥様がホットサンドプレートを買われたので、
それを上手に収納できるスペースが欲しいということで作製しました。
今はキッチンに近い方に向いてますが、
お子様が勉強する時期になったら、窓側に向けていただき、
お子さんの勉強道具とかをしまっていただけます。
ほんとうにこのテーブルを納品するまではドキドキでしたが、
納品して奥様から「ちょうどいいテーブルだね。」といただきました。
この言葉がCONNECTにとっては最高のお言葉です。ありがとうございます!


2人で庭を眺めながら、一日をゆったりと過ごしたい。そんな想いで選ばれました。
仲のいい、とてもステキなご夫妻でした。

nouhinnjirei1 nouhinnjirei2nouhinnjirei3 nouhinnjirei4nouhinnjirei5 nouhinnjirei6
nouhinnjirei7 nouhinnjirei8nouhinnjirei9 

今までは、国内製でお二人にピンとくる家具がなかなか見つからなく、お家にあるほとんどが輸入家具でした。

ご縁あってご来店下さり、店内をじっくりと見て頂きました。

「前から弊社が気になっていたんです」と声を掛けて頂き「今までの住まいとどう組み合わせていいかわからないので、

一度家を見てイメージに合うものを提案して欲しい」と。

大きな家具や小物たちの一つ一つが、お二人によって大切に選らばれ、時間と空間を大切に過ごしてきた空気がよく伝わりました。

前には大きなお庭と、お隣には息子さん夫婦が住んでみえ、よくお孫さんたちを連れ行き来されるとのこと。

「自然を感じながら過ごせる空気と、息子たちにも譲り渡せる家具がいい」と思い切って決めて下さいました。

晩酌も大好きなお二人なので、長く座っても脚が疲れないようにと、テーブルと椅子の高さも低めに作りました。

「想像以上に部屋にしっくりと馴染んで、何だか裕福な家に見えるようになったわね!」と笑いながら話してくれたご夫婦から、

最高の笑顔を頂きました。


◆栃の無垢二枚接ぎテーブル納品事例◆ 尾張旭市T様邸

 

IMG_5747 IMG_5749 IMG_5755

2000mm×1000mm 栃の無垢二枚接ぎテーブルです。

とても美しい無垢の栃材は、テーブルの見る角度によって変わります。

こちらは2枚接ぎなので、特に色合いが変わりとても素敵です。

奥に見える、ソファは心石工芸のヌメ革のソファです。